総合案内

ミナミイワトビペンギン

(展示エリア:極地動物館


やや小型のペンギンで、頭部の黄色の飾り羽が特徴です。体長45~58cm、体重3.5~4㎏ほどです。地上では他のペンギンのようによちよちあまり歩かず、両足を揃えて飛び跳ねて移動することもあります。性格は攻撃的で近くを通ると攻撃してきます。フォークランド諸島、トリスタン・ダ・クーニャ諸島、マッコーリ島、ケルゲレン島などで繁殖しています。巣を作るペンギンで、周囲を崖で囲まれ、植物が生えているような平地や、緩やかな斜面に好んで巣をもうけます。卵を2個産みますが1卵目は破棄されることが多いです。約32日で孵化します。

詳しい情報

12羽を飼育しています。よくいる場所は岩の上で他のペンギン達とすみわけをしているようでなかなか下には降りてきません。じっとしているわけではなく岩の上をピョンピョン移動している姿が見られます。時々、自分と同じくらいの岩もジャンプして登ってしまいます。繁殖時期は4月下旬~6月で岩の上の巣で抱卵・育雛をします。

ページトップへ