豊橋総合動植物公園からのお知らせ

動物の赤ちゃんの誕生について 「オウサマペンギン」

豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)
動物の赤ちゃんの誕生について

本園で飼育中のオウサマペンギンに2羽目のかわいい赤ちゃんが誕生しました。赤ちゃんは元気で、親の横に立って、お客さんからも見えるようになりました。まだ性別は分かっていません。また、大変貴重なオウサマペンギンの孵化の瞬間の映像も撮影できましたので、希望する報道機関に提供します。

○孵化日  平成29年 9月 2日(土) 1羽
( 前回平成29年8月7日(月) 1羽 )

○当園の飼育状況
 ・オウサマペンギン 雄4羽、雌5羽
(前回1羽と今回の子を入れて計11羽)

○全国の飼育状況(平成28年末現在数):
23園で273羽(雄138羽、雌113羽、不明22羽)が飼育されている。

<資 料>
オウサマペンギン ペンギン科の中でコウテイペンギンに次いで2番目に大きい種類。体長85~95cmほどで体重は10~16㎏です。外見はコウテイペンギンに似ているが小型で、頭部から喉にかけてオレンジ色が濃いです。卵を1個産み繁殖期間は1年以上。卵はコウテイペンギンと同じく1つ産み、足の上にのせて温めます。巣はつくらないが縄張り意識は強いです。卵は約54日で孵化します。繁殖ペースは2年に1度、多くても3年に2度です。

お問合せ先

総合動植物公園部 動植物公園
所在地:〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
電話番号:0532-41-2186


ページトップへ