豊橋総合動植物公園からのお知らせ

アジアゾウ「チャメリー」がやって来ます!

横浜市立金沢動物園より、雌のアジアゾウ「チャメリー」がやって来ます。ブリーディングローンによる移動で、当園で飼育している雄のアジアゾウ「ダーナ」と繁殖を目指します。

○来園日(予定) 平成31年3月18日(月) 午後3時頃 ※チャメリーの一般公開は3月19日(火)から行う予定です。 当初は、他個体との交互展示になります 。

○当日の流れ ・午前9時頃 横浜市立金沢動物園出発 ・午後3時頃 本園ゾウ舎前に到着 ・輸送箱をトラック荷台からゾウ舎放飼場へ(クレーン作業) ・チャメリーを寝室へ誘導し収容 ※さまざまな要因で時間が大幅に前後する可能性があります

○来園個体について チャメリー 性別:雌 平成3年8月8日 生まれ 27 歳

○当園のアジアゾウについて ダーナ 性別:雄 昭和48年12月11日 来園 推定48歳
             アーシャー 性別:雌 平成 21年10月6日 来園 推定42歳

<参 考 資 料>

アジアゾウ 、Asian elephant 、 Elephas maximus
1)分布:南~東南アジア(スリランカ、インド、ネパール、ブータン、バングラディ シュ、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、インドネシア、マレーシ ア)および中国。 2)形態:体重3t~6t、体高2m~4m、頭胴長5~6m、尾長1.5m 程度。体色は灰色も しくは灰褐色。加齢とともに皮膚の色素が抜け体色の薄い部分が目立つ。臼歯が5 回 生え変わり、切歯(牙)は一生伸び続けるが雌雄ともに全く生えない個体もいる。切 歯はメスよりオスの方が目立つ。鼻先の上部に突起がひとつある。爪は前肢5 個、後 肢4 個。側頭部に分泌腺があり興奮時などに側頭腺と呼ばれる液体が分泌される。 3)生態:森林、草原に生息。食性は植物食。5~10 頭のメスとその子どもによる群 れで行動。10 才程度で繁殖可能。オスは成長すると群れを放れて単独行動。メスの性 周期はおよそ4 か月周期。妊娠期間は660 日程度。産仔数は多くが1頭。オスは年1 回程度興奮期がありマストと呼ばれるが繁殖行動との関係は明らかにはされていな い。 4)生息数:35,000~50,000 頭とされているが、密猟や生息地の開発などにより減少し ている。ワシントン条約(CITES)付属第Ⅰ表、IUCN レッドリスト EN(絶滅危惧種)

国内での飼育数:32 園 82 頭(雄 21 頭・雌 61 頭)(平成 30 年末現在数)

ダーナの繁殖歴
平成 7 年 5 月 シャンティ 流産
平成 15 年 3 月 シャンティ 母子ともに死亡
平成 23 年 9 月 アーシャー 第 1 仔(マーラ)出産
平成 28 年 10 月 アーシャー 第 2 仔(ラージャ)出産

ブリーディングローンとは 繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園館で個体を移動させることによって 新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

関連資料

報道発表資料

お問合せ先

総合動植物公園部 動植物公園
所在地:〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238
電話番号:0532-41-2186


ページトップへ